Other

第3話)「90個の布地から手作業で創る小さな鞄」

Other June 13, 2019 0 Comments

第2話)「90個の布地から手作業で創る小さな鞄」の続き!   さて、90回の手裁断を行ったあとに待っている工程は・・・ 裁断した90ピースを「すき」の工程にかけるということ。   「すき」というのは表生地の「裏面」を「剥いで」薄くする工程なのです。   なぜ、そのようなことを1ピース1ピースするかというと・・ 1つは 芯地を貼り付ける際に 剥がれにくく、貼り付けやすくする、という意味   もう1つは 鞄として組み立てていく際 接合したり、端になる部分について 折り返して縫製をしても 同じ厚さになるように「へり」にはさらに薄さを持たせるためなのです     下記の画像、左手が「すく」前の布地。 右手が裏を「すいた」後の布地。     そして、全体を「すく」だけでなく 鞄として組み立てていくための張り合わせ部分は 再度「すき」をかけてのヘリの部分をさらに薄くします↓         全体に芯地が貼り付きやすくするための「べたずき」のあと さらに、ヘリに「すき」をかける「へりすき」 この工程では圧を間違ると布地自体が切れてしまうおそれもあるため 非常に慎重で技術のいる工程なのです       それを・・・なんと90ものピース、それぞれの設計役割にそって ことなる「すき」をかけていくのです・・   金型による「手裁断」に続き、 とても気が遠くなる下準備です・・   そして、次は「糊付け」 90個、すべてのピースに手付けで糊付けをし、「芯地」をはっていきます 表地だけではうすくて、しっかりした鞄にならない。       まずは糊を部分的に塗り     芯地をおきます     ピースごとに 慎重にあるべきパーツにだけ芯地を張っていきます     今回の鞄の素材は特に糊の乾きがはやく…

read more

第2話)「90個の布地から手作業で創る小さな鞄」

Other June 6, 2019 0 Comments

さて、 第1話)「90個の布地から手作業で創る小さな鞄」の続き   いよいよ1つのバッグを構成する90の布地のピースを 43個の金型を使いながら裁断していきます     と・・ここで驚愕の場面に。     なんと・・ 金型をつかって素材を職人さんの手と身体の「圧」により裁断していくのです       つまり、1つ1つのピースに手裁断できりとっていく、ということは 1つのバッグをつくるために、「90回」この裁断を行うのです 刃は若干の傾斜があり、布地を重ねて裁断すると ゆがんでサイズの若干違うものができてしまう。     そのため1つのピースごとに、1回1回、圧による裁断を行うのです・・ なんとも、敬服以外の言葉が見つからない工程です       生地に金型を合わせ、手の圧でカットしていく         裏地には裏地用の、芯地には芯地用の金型で 1つ1つ合わせ、裁断していきます       これはほんのひとにぎり!     90回の手裁断を行ったあとに、行われる工程にも・・・驚きと敬意を・・ 後編につづく!   ≪ブログ内アイテム≫ [5枚目の画像] ピュアホワイト レースぺプラムドレス   ********************* ≪イベントのお知らせ≫   詳細はこちらから   ********************* ◆4月版更新! kay me スタッフリアル4月のコーデはこちら   *********************   ≪ウェブサイトリニューアルのお知らせ≫ kay…

read more

第1話)「90個の布地から手作業で創る小さな鞄」

Business Other バッグの旅 May 30, 2019 0 Comments

先日、現在リリースが大詰めになってきています。 小さなバッグの工場さんへ行ってまいりました。     もともと、海外のビジネス出張で、 そして日頃のビジネスレセプションで・・ はたまたホームパーティで・・・     グラスやほかの荷物をもっていても いくつもの種類の名刺や、 2か国の通貨が分けていれられたり       スマホとパスポートとペンがセットで しまえるような小さいバッグはないかなと思っていました。   なので・・・機能性とすっきりしたデザイン性から 「あーでもない、こーでもない」と描いたデザイン画が出発点   その中に実際に パスポートを入れるには 化粧コンパクトとスマホを入れるには・・など 実際のサイズを書き込んでいたのです。     その後、どのようにして仕上げていただいているか・・ なのですが、工場のデザイナーさんに そのデザイン画をもとに図面をひいていただいています。   そうして、設計図をもとに、まずプロトタイプを立体でつくり 様々な整合性やサイズ、見た目に問題がないかを探ります   そしてなんと       ここまでも緻密で綿密、そして経験がものをいうプロセスなのですが ここからいよいよ金型制作にはいります   金型はこの場合、布地を1つ1つのピースに裁断するための刃 底面が刃物になっている刃物。 布地を裁断するもの、といったほうがいいですね       図面をもとに1つ1つの金型をつくるのいですが なんと、1つのリボン上のメタルをおりまげながら 1つの金型にしていく特殊な技術を用います。 とくに内側に曲げる技術がむずかしい!     そしてなんと鞄の 表地、芯地、裏地でそれぞれ素材の厚さや裁断のしやすさやくせが違うので 刃のタイプが違う金型がいる。そのため3種類の刃をもつ金型が生まれるのです!   驚愕の・・なんと金型は43個!    …

read more

秘密兵器・・・名前をどうしようかな?!

Business Favorite Other バッグの旅 May 23, 2019 0 Comments

店舗のほうにも最近、たくさんお問合せをいただいています 「新・秘密兵器」       こちらのブログの反響が大きく大変ありがたいことです。   特徴は以下!   1)2ヶ国通貨を分けて収納 2)2種類のICもかざすだけ反応 3)4種の名刺を分けて収納 4)パスポートも祝儀袋もらくらく 5)コスメもステーショナリーも 6)クレジットカードには14ポケット 7)ストラップはずせばクラッチに 8)軽量素材だから肩こりもなし 9)もちろん日本製   両手らくらくだから お子様とも手がつなげます     「中はどうなっているのですか?」というご質問を受けて 少しだけ公開!   そして・・中のポケットはこのくらいの仕切りが・・ ・4種類の名刺 ・2か国通貨 ・取り出さずに反応するICカード入れ ・パスポートがすっぽり入るサイズ などなど・・・   クレジットカードはこのくらい入ります     ストラップはこのように内側に通しているのですが     取り外しが自在!   長さ調整も可能です(こちらは二重にして肩掛けに)     カラーは8色展開! 現在、東京都内の工房で1つ1つ鋭意縫製中でございます   ***   そこで目下の悩みはネーミング・・・ 「どういう名前にしようかな・・・」と思案中です!   「おさいふバッグ」では・・・お財布だけでもないし 「多機能バッグ」だと・・・なんだかよくわからないし・・と。笑   もし いいアイデアがございましたらぜひぜひお寄せくださいね! *** facebook kay…

read more

新しいプロジェクトの話 ~元気をくれる美しいもの~

Business Favorite Other May 16, 2019 0 Comments

仕事をしているとき、 たとえば 誰もいないオフィスでひとり集中しているときでさえも     パソコンを打つ手、 企画書を仕上げる手、 いつも手元にある指輪に 知らず知らずエネルギーをもらっている気がして その日の気分で指輪を選んでいます   仕事用の指輪に求めるもの・・・   邪魔にならず、 付け心地がよく、 石のエネルギーが本物で 見かけも華やかで目からもパワーをもらえること   特に大切な誰かからいただいたものや 特別何かの決心のときに自分で買ったものなど 背景の思い出があると、勇気が人一倍沸いてきますよね!     仕事や社交をしているときの はずせない洋服の「快適さと華やかさ」とともに 私にとって 指輪からもらう「勇気やパワー」も 心強いお助けアイテム。       でもいろいろと感じる課題がある 付け心地 カラダを指を美しく見せてくれるデザイン性 本物のゴージャスさ それでいて自分で買える価格帯 一流のクオリティとデザイン   ほんとうに欲しい、 ほんとうに贈りたい、   そんな指輪とはなにか・・・を いま世界のトップジュエラーでも活躍している デザイナーさんや原型師さんと 創作しています。   ↑立体の調整を3Dで説明してくれる際に「こむぎ粘土」で 実演してくれるデザイナーさん(かわいい)   こだわりすぎて亀の歩みですが・・・ 最近のわたしの創造のたのしみでもあります! 年内を目標に!発表できる日をたのしみにしています!     けみじゅんこ       ≪ブログ内アイテム≫ [2枚目の画像]…

read more